その他

山之内すずの関西弁から見えてくる!人気の秘密は自然体のシンデレラ?

2021-04-23

Be yourself

Sponsored Link

ある番組でびっくりして釘付けになった女性がいた。モデルなのか女優なのかわからなかったけれど、とにかく関西弁バリバリで、何となく、芸能界=標準語というイメージが強かったので、驚いた。

昔昔、藤原紀香が絶世期の時に、なんて綺麗な人だろうとうっとり見ていたら、突然関西弁が出て、親近感を覚えたことがあったが、レベルが違う。とにかく素で関西弁を話している。

Sponsored Link

とても気になったので、調べたら、山之内すずさんというらしいそしてデビューの仕方がとんでもなく現代流。なんとSNSから芸能人になった人だ。

今回はそんな山之内すずさんの関西弁から見えてくる彼女の人気について書いてみたいと思います。

※2021年5月24日 三山凌輝さんとの熱愛報道あり。興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

山之内すずのプロフィール

  • 兵庫県神戸市出身。現在は東京都在住。
  •  2001年10月3日 (年齢 19歳)
  • 県立伊川谷(いかわだに)高校卒業か(?)
  • 高校時代にサロンモデルになりSNS投稿した1枚の写真からスカウトされる・2018年デビュー。
  • 「白雪と狼くんには騙されない」出演によりテレビのバラエティにも登場
  • 10代のカリスマとして中高生から絶大な人気を誇る
  • 学生時代は陰キャラ。(本人曰く)

山之内すずの関西弁

私も関西人なのですが、関西弁があまり色濃くない地域出身なので、確かに彼女の関西弁は色濃いめですね。

でも同じ関西人としては、芸能人だろうと会社員だろうと、生まれ育った場所の言葉を話していることにあまり抵抗はありません。

同じ関西出身の女優さんでも北川景子さんや有村架純さんからは関西弁あまり聞きませんね。というか私は聞いたことがありません。

そんな中、全く気にしないでというか、素で関西弁をしゃべっている山之内すずさん。最初はすごい肝っ玉座った子だな、と思いました。

でも調べているうちに、実はそうではなさそうだと気づいたんです。

山之内すずの関西弁好き?嫌い?

多分みんな、あれ?この人関西弁だなって気づきますよね。それでそこで、好き嫌いも分かれることがあるでしょうね。特に彼女がどういう人か知らないうちは。

ネット上を調べていると、確かに関西弁にアンチ意見もたくさんありました。耳障り、うるさい、標準語に直せ、等等。

また、関西弁を話していることや、一生懸命SNSにかわいい姿を撮って投稿しているその様を見て、あざとい性格ともいわれているようですね。

でも、それ以上にファンも多い。フォロワー数も半端ない。そして、彼らは口をそろえて、彼女のことをこう言っています。さばさばした性格。ぶりっ子女子ではなくて、どちらかというと、声も低くて、さっぱり男子。

本人もこう言っています。

  • 動画の中だけでもかわいらしくありたい
  • SNSは普段自分がなれない自分になれる場所

また、自分で考えて自分で思った答えを正直に答えている様子が動画の至る所で見受けられます。シナリオ通りだけにあざとく動いているとは思えません。

  • 容姿はコンプレックスの塊
  • 自分はがさつだと話している
  • 休日はテレビや映画を見たり寝たりごろごろしている
  • 仕事は新しいことばかりで、こなすのに精いっぱい
  • でもやるからには、この世界に長くいられるようやれるだけやりたい

山之内すずは自然体のシンデレラ?

こうして調べてくると、ファンたちは、山之内すずに自分達をある意味で投影しているのではないかと思えてきます。昨日まで同じ場所にいた(テレビのこちら側)子がたった一枚のSNS投稿写真からスカウトされ、芸能界に入った。

かわいいけれど、超絶美人がごろごろいる芸能界の女優さんたちやモデルさんたちと比べたらそれほどでもない容姿。事実、ブスだと言われた「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の上白石萌音の妹役で出演しているが、皆からは姉妹似ていると言われていた。超特別天才的能力があってスカウトされたとも思えない。

でも、自分の言葉で話し、自分を高めようと努力し、仕事も精いっぱいやっていて、これだけ中高生の人気を勝ち取っている。私もこうなれるかもしれない、頑張ろう!応援しよう!と。

まとめ

将来は演技で実力をつけ、認められたいと思っている山之内すずさん。努力が目に見えて形になるのが演技だから努力して認められたいんだそうだ。学生時代、陰キャラだったと告白しているが、この奇跡のようなシンデレラストーリーに、彼女自身、これからは自分を好きになれるのではないかと、できるだけ自然体で、ありのままの自分で歩んでいるように思える。

そんな10代のカリスマも、今年で10代は最後。さて、どんな20代を見せてくれるのか、とっても楽しみです!

Sponsored Link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みいさん

こんにちは!みいさんと申します。 オーストラリアの田舎で、 2人の子供を育てています。 このブログは、PCから逃げて逃げて生きてきたPC音痴から脱出すべく、始めました。 本業の子供への日本語教育、そしてニュースで気になったことや役に立ちそうな情報を発信していけたらいいなと思っています。

-その他

© 2022 みいさんの海外あいうえお子育て