その他

「推しの王子様」あらすじ・キャスト・主題歌・制作は誰が?比嘉愛未&渡辺圭祐が大抜擢!

2021-05-30

Sponsored Link

7月スタートのドラマ「推しの王子様」で主演の深田恭子さんが降板されたため、代役探しとなり、騒然としましたね。

どうやら比嘉愛未さんで落ち着いたようです。

Sponsored Link

比嘉愛未さんが代役に抜擢されたということで、逆に新鮮な興味が湧いた方も多いようです。6月2日から始まるドラマも主演を務める比嘉愛未さん。俄かにブレイクの予感ですね。

対して、渡辺圭祐さんも今まさに人気上昇中の俳優さんです。今回の大抜擢でこちらもブレイクの可能性があり。

その機会となるかもしれない、「推しの王子様」是非見たいですよね!

今日は7月スタートの木曜ドラマ「推しの王子様」のあらすじ、キャスト、主題歌、制作スタッフについて調べてみました。

「推し」とは

「推し」とは「おし」と読み、’一推しの人!’という意味の「推し」です。

「推し」はアイドルグループで一番応援している人という意味で使われていましたが、今ではあらゆるもの・人に対して’一番好き’という意味で使われます。

「推しの王子様」のあらすじ

主人公の日高泉美(ひだか・いずみ)が、五十嵐航(いがらし・わたる)を残念男子から理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”ストーリー胸キュンとともに描くドラマで、完全オリジナルストーリー。


女性向け恋愛ゲームのを手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」代表取締役社長である泉美(36歳)

泉美は4年前に起業して、最初にリリースした乙女ゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』が大ヒットを記録。『ラブ・マイ・ペガサス』は、外見から内面まですべてが泉美の理想の“推し”(=好きなゲームキャラクター)であるケント様と恋に落ちるゲーム。泉美は敏腕社長となりもてはやされる。

社長になる前の泉美は、保険会社で働き、夢も何もなく退屈な毎日を送っていた。ある日、友達から乙女ゲームの存在を知り、何となくプレイしてみたら、気に入ってしまい!泉美は人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。

乙女ゲームに夢中になり、仕事もゲーム会社へ転職!そして最高の乙女ゲームを作るために自ら起業することを決意しました。

性格は真面目で誰に対しても壁を作らず接する泉美。どんなに困難な状況でも絶対に諦めず前へ進む泉美に部下たちも信頼してついていきます。社長になってからは一流のコミュニケーション能力とマネジメント力を身につけてますます仕事にのめり込んでいきます。

しかしプライベートでは、恋愛から遠ざかって久しく、『ラブ・マイ・ペガサス』のケント様に夢中という状況。

また一見、順風満帆な泉美だが、『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心していて、SNSには「一発屋」という心ない声も。もちろんめげることなく明るく笑顔でいるが裏では開発資金の調達に奔走していました。

ある晩、お酒を飲み過ぎてしまった泉美が帰り道を歩いていると、突然1人の男が文字通り空から降ってきます。仰天する泉美でしたが、男の顔を見てさらにびっくり。なんと彼が自分の理想通りに作った『ラブ・マイ・ペガサス』のケント様にうりふたつだったのです!

その男は借金取りから逃げるため、歩道橋から飛び降りたようで、借金取りから隠れようとしたはずみで、泉美を抱きしめます。あまりにも信じられない出来事の連続に泉美は、酔いも手伝って、そのまま気を失います。

男の名は五十嵐航と言い、23歳。泉美にとっては、まさに王子様が舞い降りてきたかのように思えました。

でも、理想通りなのは容姿だけ。航は無作法で無教養で無気力で、なんとこれまで一度も人を好きになったことも無い、無い無い尽くしの残念すぎる王子様だったのです。

大失望する泉美でしたが、ひょんなことから「私があなたを理想の男性に育てる!」と、航の人生を変えることを決意

泉美は航を「ペガサス・インク」で雇い、仕事はもちろん言葉遣いからマナーに知識、さらには生きがいや恋の仕方まで、ありとあらゆることを教えます。そして、時に泉美が航に守られ、逆に泉美も航から本当に大切なことを教えられることに―。

キャスト

比嘉愛未さんは背が高い女優さんなので、恋愛ものだと、相手が相当背が高くないとドラマの絵にはならないから不利ですよね。

ちなみに深田恭子さんは163㎝、石原さとみさんは157㎝です。

綺麗・かわいいだけでは背の低い人気男優さんとはドラマ上の絵としては難しいですよね。

しかし今回、大抜擢されていたお相手がものすごく背が高い!ので問題なし!

年齢的にも、役相応の年齢で問題なし!ですね。

比嘉愛未(主演:日高泉美 役)

プロフィール

生年月日  1986年6月14日 (年齢 34歳)

出身地 沖縄

身長 169㎝

初出演初主演の「どんと晴れ」では2500人以上の中から抜擢されるほどの演技派女優

ポイント

比嘉愛未さんはこれまでにも’仕事ドラマ’で多数の役どころを演じています。

その演技力・美貌ともに認められていますが主演ドラマでの大ヒットがなくブレイクに至っていません。

今回の代役ドラマで大ヒットすればブレイクにつながるかもしれません。

さらに6月2日から始まるドラマ「にぶんのいち夫婦」では、結婚2年目の主婦を主演します。

2本のドラマを主演する今季、その役の演じ分けが楽しみなところです。

比嘉愛未さんについては別記事もどうぞ。

渡辺圭祐 (五十嵐航 役)

プロフィール

生年月日 1993年11月21日 (年齢 27歳)

出身地 宮城県

身長 182㎝

「仮面ライダージオウ」の主役ではなく仮面ライダーウォズ役でデビューしたライダー俳優。俳優佐藤健と似ていると言われている。

ポイント

今のりにのって人気階段を駆け上っている俳優さんです。

ドラマ、「恋は続くよどこまでも」や「恋はDEEPに」に出演しています。

今回は主演の相手役に大抜擢!これをものにできれば一気に第一線俳優に躍り出るか!?

主題歌

残念ながら現時点ではまだ未発表です。発表され次第追記します。

制作スタッフ

制作スタッフ

  • 脚本 - 阿相クミコ、伊達さん(大人のカフェ)
  • 演出 - 木村真人、河野圭太、倉木義典
  • プロデュース - 貸川聡子
  • 編成企画 - 狩野雄太

木曜劇場『知ってるワイフ』(3月18日最終回)の製作スタッフが再集結。上記の制作スタッフのうち太字のスタッフさん達です。

「知ってるワイフ」は関ジャニの大倉忠義さん主演、相手役が広瀬アリスさんが務めたドラマです。

初回平均視聴率が6.1%でしたが最終回は8.9%と回を追う毎に視聴率が伸びた心温まるストーリーです。

また、脚本を「マルモのおきて」の阿相クミコさん、演劇コントユニット・大人のカフェの伊達さんが担います。

これは期待が高まりますね!!

まとめ

7月スタートの「推しの王子様」。

深田恭子さんが降板されたことで比嘉愛未さんが代役を務めることになり、注目を浴びることになりました。

初回は普段ドラマを見ない人も、どんなものかと覗いてくるかもしれませんね。そのまま視聴率が落ちずに大ヒットすればよいのですが!

あらすじは、胸キュン王道ストーリーっぽいので、女子の心は鷲掴みできそうですよね!

あとはインタビューで’胸キュン、勉強します!’と言っていた渡辺圭祐さんの演技と、6月スタートの「にぶんのいちの夫婦」主演の比嘉愛未さんの役の演じ分け、そしてそれをおぜん立てする制作スタッフの力量にかかっていますね!

私も普段はあまり若い子(?)の恋愛ドラマは見ないのですが、今回は関心が高いです!是非拝見します!

Sponsored Link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みいさん

こんにちは!みいさんと申します。 オーストラリアの田舎で、 2人の子供を育てています。 このブログは、PCから逃げて逃げて生きてきたPC音痴から脱出すべく、始めました。 本業の子供への日本語教育、そしてニュースで気になったことや役に立ちそうな情報を発信していけたらいいなと思っています。

-その他

© 2022 みいさんの海外あいうえお子育て