その他

森永ムーンライトクッキー生地が関西で買えない理由とは?

2021-09-05

ムーンライトクッキー

Sponsored Link

森永製菓のムーンライトクッキーとチョコチップクッキー。

不動の人気を誇る2商品ですよね!

Sponsored Link

私はこのチョコチップクッキーが大好物で、わざわざ取り寄せて食べます。手作りしなくてこのおいしさは他のクッキーにはないですからね。チョコもたっぷりでさくさく。考えているだけでよだれが出ます。(汚いですね)

さて、そのムーンライトクッキーとチョコチップクッキーの記事が販売されたそうですね!かなり注目されているようです。

調べてみると、実はこの商品、今年1月から試験的に一部の地域で販売されていたようですね。その地域にお住まいの方には今回のこのニュースは何の驚きもないニュースなんですね。羨ましいです。

そしてその一部の地域といういのが、1月の時点では関東のイオンのみだったようなんです!かなり限定的ですね。

そこからやっと今回、首都圏エリア(北関東・首都圏・山梨)に広がった、ということのようです。それにしてこれだけ不動の人気を誇る商品のクッキー生地、お家時間の増加も後押ししてヒットすると思うのですが、すぐに全国で売らない理由でもあるのでしょうか。

森永ムーンライトクッキー生地について

この記事は冷凍生地なんですね。とすると、通常郵送はできないので、もし通販が始まっても郵送代は少し高くつきそうですし、早く全国展開して、近場のスーパーで直接誰でも買えるようにして下さるのがベストですね。

それにしてもなぜ、こんなに時間をかけてやっと首都圏、なのでしょうね。

これだけこのムーンライトとチョコチップクッキーには人気があり、長年のファンが多いと言うのに、おうち時間も増えた今、関西や九州でも売らない理由はあるのでしょうか。

関西で買えない理由とは?

森永製菓の公式サイトにはこう記載してあります。

本商品は2021年1月に一部店舗でテスト販売を行い、SNS等で多くの反響をいただいたことから対象エリアを拡大して発売いたします。クッキー生地が完成した状態(冷凍)で販売される製菓材料で、材料を集める・計量する・混ぜる必要のない簡便さが特長です。森永ビスケットシリーズの商品「ムーンライト」「チョコチップクッキー」をイメージした風味で、手間がかからず生地の成形や出来たてを味わうというお菓子づくりの楽しい部分だけをお楽しみいただけます。お菓子づくり初心者の方や、お菓子づくりを通して親子のコミュニケーションを楽しみたい方におすすめの商品です。

森永製菓 公式サイトより

間違いなく、関西でも待ち望んでいるファンが多いと思います!

公式サイトをくまなく読んでみましたが、まだ西日本での販売などを考慮しているような文面は見当たりません。何でも首都圏が最初、というのは西日本在住の人間からすればいつものこと、という感じではありますが……

ただ、公式サイトを見ていて気づいたのですが、森永製菓さんはたくさんの支店や工場をお持ちのようですが、関西には1件、西日本統括支店が兵庫県尼崎市にあるのみで工場の記載がないので、工場が関西にはない、ということなのかと思われます。

とすると、先ほども言いましたが、これは冷凍商品なので、首都圏の工場で作ったものを、関西まで運ばなければならないため、関東と同じ値段で、激選エリアのみの試験的販売はすぐには難しいということなのかもしれませんね。

まとめ

今回は森永製菓で長い間愛されてきたムーンライトクッキーやチョコチップクッキーの生地が売られるということで覗いてみると、どうやら首都圏のみでの販売ということらしいことがわかりました。

しかし良く調べてみると、関東では既にイオンで試験的販売がこの1月からなされてきたとのこと。エリアは拡充されているものの、同じ首都圏。首都圏以外に在住のムーンライトファンにとってはまだやっと首都圏なの?と待ちきれない様子です。

もちろん、日本ではまず首都圏というのが普通ですよね。でも既に人気のあるクッキーの生地。お家時間が増えて、子供とクッキーを焼きたいとか、お家時間で焼き立ての美味しいクッキーを手軽に食べたいとかいう人が増えていると思います。もっと素早く全国展開も不可能ではないのではないかと思ったとき、公式サイトで見て見ると、関西に1支店のみ、四国に1支店のみ、というように、支店の数もさることながら、工場というのが関西に見当たりません。

もしかすると、冷凍商品を送る送料まで考えたとき、一部のエリアで販売する量や金額のバランスから、まだ首都圏のみでしか適正価格で売れない、ということなのかもしれませんね。

とにかく、ファンが今か今かと待っているので、森永製菓さん、首都圏外にも早めに販売をお願い致します!

Sponsored Link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みいさん

こんにちは!みいさんと申します。 オーストラリアの田舎で、 2人の子供を育てています。 このブログは、PCから逃げて逃げて生きてきたPC音痴から脱出すべく、始めました。 本業の子供への日本語教育、そしてニュースで気になったことや役に立ちそうな情報を発信していけたらいいなと思っています。

-その他

© 2022 みいさんの海外あいうえお子育て