その他

SKY-HIさんの「BEFIRST」への想いとは?プロフィール・経歴・魅力もご紹介!

日高光啓

Sponsored Link

「Be First」デビューメンバーが決定しましたね!

朝からスッキリに張り付いていたかたも多いのでは?←私もその一人です。

Sponsored Link

あなたは誰推しでしたか?

多分なのですが、誰推しであっても、目線が行ってしまう人がもう一人いませんでしたか?

はい、そうです。SKY-HIさん。

容姿も素敵ですし、一億自腹でこんなオーディション開くなんてというところから始まり、オーディションが始まったらその魅力にSKY-HIさん推しでHulu登録した人も多かったのでは?

今回はそんなSKY-HIさんに焦点をあてて、経歴やプロフィール、魅力に迫りたいと思います。

SKY-HIさんの「BEFIRST」への想いとは?

SKY-HIさん、1億を自腹でオーディションをしようと思ったまず最初の最初の理由はなんだったのでしょう?儲けるためだけなら他にも方法がいっぱいあったと思うんですが。

「埋もれた才能を発掘」というのは本音?建て前?

日本の素晴らしい才能がよそに取られる危機感

「埋もれた才能を発掘」と聞くと、オーディションの謳い文句というか、まあ建て前かなというように聞こえていたのですが、オーディションを通して、SKY-HIさんを少なからず見て知ることで、建て前のために動く人ではないなと感じていました。やはり違いましたね。

SKY-HIさんはこう言っていました。

  • 「K-POPの人気が大きくて、J-POPは完全に後れを取っている。NiziProjectを見て危機感を覚えなかった日本の企業関係者がいたらおかしい」
  • 「Niziプロのメンバー達はずっと日本にいたのに、発掘も育成もプロデュースもできなかった」

だからこそ、自分自身が動いたんですね!ここがSKY-HIさんのすごいところです。

「BMSG」を立ち上げ

「BMSG」を立ち上げて、一億で「The First」を始めました。

スローガンは「才能をころなさないために」。

「BMSG」は Be MySelf Group という意味で、その名の通り、個人を大切に、個性を消さずに、自分らしくに焦点をあてて育成したいという願いが込められています。

「BEFIRST」への想い

今回のデビューは5人グループだと発表されていましたが、最後の最後で、7人グループと変更になりました。

B.E.F.I.R.S.T、7文字の7人だそうです。

メンバーを選ぶにあたっては、「5年後の姿を考えて理想的な形」を考えたそうです。

ただのオンリーワンでなく、それぞれの形でナンバーワン、そしてそれを常に、常にナンバーワンでいることを狙い続けていけるグループであってほしい。

その想いから当然合格者・脱落者を考えるのも発表するのも辛い。辛かったと告白がありましたね。

一度だけはメンバーにも涙を見せてしまったけれど、メンバーに気持ちをさとられてはいけないと思って気を張っていたようですね。

オーディションを取り仕切るのはどんなに大物の芸能人でも、初仕事。

大きなプレッシャーがあったと思います。その中で、初心者とは思えない的確さ、細やかさを見せつけ、さらにその人柄で、つねにスタッフにもメンバーにも脱落者にさえ、「ありがとう」を忘れない姿を視聴者は見逃してはいません。

本当に音楽を愛していて、それにかかわるメンバー達のそれぞれの光る個性をリスペクトしていて、そして個性や技術や人の感情の流れを的確に把握しそれを表現する力もある。

ハートは熱く、さらに頭も良い人ですね!

と思ったら、さすがです。早稲田大学出身なんですね

SKY-HIさんのプロフィール

本名日高 光啓 (ひだかみつひろ)
アーティストSKY-HI
誕生日・年齢1986年12月12日 34歳
出身地千葉県
血液型O型
身長173㎝
既婚未婚未婚
彼女なし(が有望論)
レーベルavex trax
出身校早稲田大学

調べていておおっと思ったのが、SKYーHIさんは、パイロットのお父さんとキャビンアテンダントのお母さんをもつ、結構恵まれた環境のお子さんではあったのですが、左耳が軽い先天性難聴で、幼いころの夢、サッカー選手になりたいというのも諦めたようです。

そして、それならなぜ今音楽をしているんだろう?と思って調べてみると、そこには偉大な父の言葉がありました。

左耳のお陰で、他の人とは違う音楽が聞こえる

SKY-HIさんは自分はこのままで音楽をやっていいんだと思えたそうです。SKY-HIさんの個性を大切にする部分は父親から受け継がれ培われたものなんですね!

頭がよくて、小学校6年生の時には国語の全国模試で1位になったとか。オーディション最中に一人一人のメンバーに的確な指示や評価を与えるときにも、常に選ばれた言葉を自然に言えて、素晴らしいと思っていましたが、幼い頃から既にその傾向があったのではないでしょうか。

SKY-HIさんの経歴

中学生の時に、友達と何気なく送った履歴書。

合格したのはジャニーズジュニア!

そう、SKY-HIさんはジャニーズジュニア出身なんですね。

でも高校生の時に、音楽を作る仕事につきたいと思うようになり、活動を開始します。

オーディション「エイベックス男大募集」を受け見事合格

ジャニーズジュニア出身ということや、ラップをしていたことからAAAに入ることになります。

2005年にはAAAとして、鈴木亜美の「Eventful」のバックダンサーを務めました。

そこからはもうとにかく無数の実績を積み上げてきた方ですが、2020年にAAAは活動一時休止としています。

そして、そこで止まらず前に進んだSKY-Hiさん。

今回のオーディション、もっとやってほしい!という視聴者続出でしたよね!

毎年やってくれたらいいですね。

SKY-HIさんの魅力

どの話をしていても、SKY-HIさんの魅力は見えてしまいますね。

まずは、とにかく音楽愛。日本人の誰もが感じていた、J-POPの低迷

誰も何もしようとはしていない中、オーディション組織なんてやったことがないSKY-HIさんが動いた。

もう音楽愛以外の何物でもありません!

そして、ハートの熱さ。オーディションに来た全ての人は、選ぶ側の人間だから話を聞いていたわけじゃなかったですよね。

SKY-HIさんという人を見て、認めて、リスペクトしたからこそ、聞いたのではなくてむしろ、話を聞きたかったのでしょう。

さらに頭の良さ。オーディションの審査の度に、その審査結果を各メンバーに伝える時の、言葉の美しさと的確さ。人をきちんと同じ目線で見ている方だと視聴者の誰もがそう感じました。

SKY-HIさんはこう言っていましたね。「人生をかけてオーディションに来てくれた方達。失礼があってはいけない。出来る限り頑張りたい。」

自身に障害があったこと、それでも音楽の道に入って行けたのは父親の言葉のおかげでした。才能を生かすも殺すも自分自身とそれを見てくれる環境。

アーティストとして成功したSKY-HIさんは、次のステップで、今なお才能を見て欲しいのに見てもらえない人、自分の真の才能に気付いてもいない人を発掘しようとThe Firstを始めたんですね。

そこで視聴者が見た本当の「才能」達。

素晴らしい番組で、オーディションと言うよりは、人間ドラマでしたね。

まとめ

今日、デビューメンバーが発表された「The First」。

この半年メンバー達を目で追いながら、気になる存在だったのはSKY-HIさん。この人は一体どんな人なんだろう?と思った視聴者は多かったはず。

今回は主催者のSKYーHIさんに焦点をあてて、プロフィール、経歴、そして彼の魅力について調べてみました。

Sponsored Link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みいさん

こんにちは!みいさんと申します。 オーストラリアの田舎で、 2人の子供を育てています。 このブログは、PCから逃げて逃げて生きてきたPC音痴から脱出すべく、始めました。 本業の子供への日本語教育、そしてニュースで気になったことや役に立ちそうな情報を発信していけたらいいなと思っています。

-その他

© 2022 みいさんの海外あいうえお子育て